目元を整え好印象を!

太すぎる眉毛を抜きすぎ注意、眉毛が生えない人生に

眉毛

 

性別:女性
年齢:32歳
職業:専業主婦

 

ゲジゲジ眉毛とバカにされ続けた青春時代

私は父親譲りで物心ついた頃から、立派な極太眉毛でした。
小学生の頃は、特に気にしてませんでしたが、周りの友達にはしょっちゅう「眉毛太いよね」と言われてきました。
中学生になるとさすがに気にする様になりましたが、手入れの仕方もわからず、少し整える程度にカットしていましたが、それでも友達から「ゲジゲジ〜」とバカにされてきました。
高校生になり、バカにされてきた反動から、雑誌を見て、眉毛を大胆にカットand毛抜きで抜きまくりました。
その結果、眉毛の形も変、不自然に細い、左右のバランスすら悪い汚眉になりました。
今度は「眉毛変だよ!ちゃんとしたら絶対可愛いのにもったいない」と言われる始末…。
でも、自分ではやり方もわからないし、抜きすぎたときにはこれ以上手のほどこし様のない状態だったので、ずっと眉毛にコンプレックスを抱えたまま青春時代を過ごしていました。
雑誌やテレビでモデルさんや女優さんの顔を見るたび、眉毛に目が行き、真似しても不自然になる不思議に困惑する日々を送っていました。

 

眉毛の筋肉に合わせて自分に合った眉毛の形を決める

自分で眉毛を観察するうちに、眉毛の生えている部分がかなり盛り上がっていることに気がつきました。
そして、この盛り上がりこそが、人の真似をしても不自然な眉毛になる原因だということに気がつきました。
私の場合、盛り上がっている筋肉の幅がかなり太く、上のラインに合わせて細くすると、目と眉毛が離れすぎてしまい不自然になります。
そして、下のラインに合わせて細くしようとしても、今度は眉毛の上に盛り上がっている筋肉のラインが出て、まるで眉毛が2本ある人のように見えてしまうのです。
そこで気づいたことは、元々太い眉毛を、細く見せようとするから不自然になるのだということでした。
太い眉毛は太いなりの美しい見せ方があるはずだと思いました。
ようやく無理矢理細くしようと思うことをやめ、本来の太さになるまで放置したあと、整えて行くことにしました。
太い眉毛は生えているままの長さにしてしまうと、より太さが強調されてしまうので、長さは少し短めにカットします。
そして、濃すぎる眉毛はまた存在感を強調しえしまうので、なるべく薄く、パウダーを使って書いた後に眉毛マスカラを使ってなじませます。
そうすることで、極太眉毛でも自然で、そこまで存在感を感じさせない眉毛になりました。
工夫と努力そしてお手入れは大事と今更ながら実感しています。

 

憧れのワンカールボブに?

眉毛にいまいち自信がなかった私は、いつも前髪で眉毛を隠したり、出しても横分けで片方は隠すようにしていました。
もし、思い通りの眉毛になることができたら、前髪をおもいっきり伸ばして、おでこをおもいっきり出して、センター分けや横分けのワンカールボブにしてみたいです。

 

 

眉毛が生えない人の為の生やす方法

眉毛が生えない人必見!生やす方法公開!話題のマユライズのサイトでは、眉毛の事について事細かく記載されています。
また関連商品で、マユライズという美容液は、眉毛に良い美容液と言う事で今度使用してみるかもしれません。

 

 

※これは個人の感想です。掲載されている方法をとる際は自己責任でお願いします。